スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仕事と恋愛。

昨日は友人の結婚式でした(^-^)。

先週末は、仕事が終わったあとは、2次会のビラつくりで大忙しでした。

また結婚式当日の余興も頼まれ、ここはいっちょやってやろうと、余興はギター生演奏3曲という豪華特典つきです。友人とDUOで演奏をしたのですが、とっても反響がよかったです。特に3曲演奏したうちの1つの「オリジナルソング」が反響が大きく、大満足の余興でした。やっぱりその人のために詞を書いたオリジナルソングが一番良かったとの言葉をもらいました。

その人のために書いているから、歌に感情がこもっているんですよね。なのでダイレクトに心に届く・・・。私も歌っていて、そのオリジナルソングが一番印象に残りました。作詞作曲した友人に感謝。

さて、結婚した友人とは、とっても仲がよく、中学時代から親しくさせてもらっています。同姓からみて、なかなかのイケメンと思います。が、いかんせん、極度のテレやで、自分からアプローチするのが苦手なタイプです。

しかし、周りの方の支援もあって、8月に出会い、11月に結納を交わし、2月に結婚式というスピード結婚です。この間出会って半年。ツイこの間まで、合コン常連参加者(失礼)だったのに・・・
彼には、是非幸せになってもらいたいです。


ということで、今日は仕事と恋愛について記事にしようとおもいます。


「仕事と私、どっちが大事なの?」

テレビドラマに良くあるセリフです。私自身は、どちらも大切だと思いますし、そもそもこの2つは比較できないものと思います。なのでどっちも大切。私は、仕事の大変さを十分に分かってくれる人が好きです。でも仕事にかまけてばかりだけでなく、相手を労わる自分でもありたいですね。

私も30代へ差し掛かるとよく周りから、「結婚は?」と聞かれるようになりました。非常に失礼な質問で、いらんお世話だと思うのですが、これは、新婚の女性に「子供はまだ?」と言っているのと同じ類の質問だと思います。女性に対する、「結婚はまだ?」も同様。私はこれに「就職決まった?」が入ります。もう、テンション下がりまくりです。

この手の質問に共通していることは、興味本位で聞いているのでしょうが、聞かれた本人にとっては、実は「たまったもんじゃない。」と感じているのを本人は理解していないのです。

ホンと興味本位だけ。

大体、仕事が決まれば、こっちから連絡するでしょう。結婚も、決まればこっちから報告するし、子供もできれば、自ら報告するでしょう。うれしいことはこちらから報告するもんです。なので逆に言うと、「こちらから報告しない」ということは、「報告できるような状態になっていない」か「あなたには教えたくない」のどちらかと考えるのが筋でしょう。

つまり、「聞いて欲しくないのです。」これが分かっていない。

この質問でとっても大問題なところは、「結婚もしていない」、「就職も決まっていない」、「子供が居ない」場合、「回答をする本人が一番苦しい」ということを、質問者は全然分かっていない。これが、一番の問題ですね。

当人は、結婚相談所やお見合いパーティーで相手を探している最中かもしれない。恋人不振に陥って、とても悩んでいるのかもしれない。不妊治療中かもしれない。就職活動も、何連敗もしているのかもしれない(私のこと?f(^_^;))。正社員になってから恋人を探すのかもしれない(私のこと?)。
相手のことを推し量れば、こういう質問はタブーだということがわかるでしょうし。

え?
自分は?って(^_^;)
私の考えは、相手が私の就職先に惚れて付き合ったり(職種目当て)、結婚を意識するのではなく、私自身の内面を知っている方がよいですねf(^_^;)。
でないと、仕事業種目当てのひとであれば、その仕事に魅力があって付き合っているので、もしリストラされたりしたときに、愛想つかされてしまいます。よくある話です。失業と同時に別れるとか。

もちろん収入的な面もあるとは思いますが、ここは二人で支えあって危機を脱出して欲しいと願うのは私だけではないと思いますし、私は、そういう人と生涯をともにしたいと思います。

今の時代、お互いをパートナーとしていかに尊重できるか。そういう人が理想ですね。

コメントの投稿

非公開コメント

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

まとめ記事
プロフィール

MAO

Author:MAO
35歳男性。福岡出身。

2008年8月からブログ開始しました。
描き始めた当時は、一貫して、自分がやっている仕事や就職活動について日々悩んでいました。

2009年に入ってから、「自分のことについて」深く考え始めました。
山行や滝行を通じて、自分と徹底的に対話しました。
自分を見つめることで、それが就職活動の際、履歴書や自己PR書の作成に大きな財産となりました。


就職までの激動の77日間(2009-04-06)

2009年4月

2009年5月

2009年6月

2009年7月からの会社員生活では、1年間、企画営業活動に奔走しながらも、常にお金の面、今後の人生について考えてきました。
「自分の専門は何か」。「キャリアは何か」。と。

「いやぁ、人はこうやって悩むのかなぁ~」と。

「人と比べない。自分の人生は自分」と言います。しかし、同年代とどうしても比べてしまう自分がいます。「俺はなにをやっているんかって。」そう考えること、もう何回もありました。

小さいころ、幼少のころ、思い描いていた生活と何か違う。小さいころの自分に本当に申し訳ない。

そう思いました。

でもその、「思い描いていた生活とはなんだろう」。

いろいろ考え始めたって、もう始まらない。
とにかく行動行動!。いろんなことにチャレンジすることによって、人生逆転しないと!と、そう思うようになりました。とにかく後悔しないように人生を過ごしたい。常に昨日の自分を越えるように日々過ごしたいと思います。

そして、年齢も35歳7ヶ月目、2010年6月末で会社を退職し、起業への道へ進みました。現在修行中!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
当サイトについて
これまで私がお金に関して興味を持ったことに関して綴っています。 読んできた本の中で、お勧めできるものを紹介していきます。 また日々の勉強に関しても紹介していきます。 実際の投資の意思決定、また各サイトへの登録・利用については、必ずご自分の責任のもと、発生するリスクを理解したうえで、行われますようお願いいたします。
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
test
twitter / mao_happy
よりよい生活を送るために
自己投資のため、これまで参加したセミナー
(考え方が変わりました)

はじめに

福岡NLPセミナー
加賀田晃セミナー
目標達成にむけて
スポンサードリンク
RSSリンクの表示
リンク
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。